日焼け後72時間以後のケア

日焼け後に行う美白ケア

 

日焼け直後から72時間以上経った後はお肌の状態も落ち着いてくるので、積極的に美白コスメを使用してホワイトニングをしていきます。

 

日焼けして黒くなってしまったお肌は年齢を重ねてくると、放っておいてもなかなか元に戻ってはくれません。

高価な美白コスメも、ただつけるだけではあまり効果が感じられない事もあるかと思います。

 

そういう場合は、美白の仕組みや手順を少し意識してみましょう。そうした美白のやり方をこれから見ていくことにします。

 

 M 0048

 

その前に一度ここまでのお話をまとめると、

 

紫外線を浴びる前からお肌の状態を整え、紫外線に対しての抵抗力を上げるために抗酸化力のあるビタミン類を体内に摂取しておき、更にはお肌にも抗酸化力のあるビタミンCを含んだ美容液s等を使用しておく。

 

紫外線を浴びる当日には、日焼け止めを使用。飲む日焼け止めも前もって使用しておく。

 

紫外線を浴びた後は直ちに抗酸化力のあるビタミンを摂取。体の中と外に十分に補給させることで活性酸素やメラニンの生成を出来るだけ食い止める事ができる。

 

、というのがここまでの流れでした。

 

しかし、こうまで気を使って紫外線対策を徹底してもお肌が絶対日に焼けなくなるわけではありません。しかし、何もしない場合に比べて、確実に紫外線のダメージによるシミやシワといったトラブルになりにくくなります。

 

ここからは、日に焼けて黒くなってしまったお肌を早く元に戻す事が目標となります。同時に紫外線によって引き起こされたお肌のくすみやごわつき、色素沈着等のトラブルも解消していきます。

 

 

まずは角質ケア

 M 0058

 

美白ケアの中で欠かせないのがお肌のターンオーバー(肌代謝)を正常化させ、皮膚の細胞をスムーズに入れ替える事です。その結果、お肌の古い細胞はくすみやシミと共に剥がれ落ち、代わりに新しい細胞が現れてくるようになります。

 

しかし、加齢やストレス、肌トラブル等の様々な原因で、お肌のターンオーバーは乱れ、古い細胞が上手く新しい細胞と入れ替わらないということが続くと、お肌の色がくすんで見えたり日焼けがなかなか元に戻らなかったり、という事になります。

 

そこで、お肌のターンオーバーを正常化させることが美白ケアの中ではとても大切になってきます。

 そのためには、自然には剥がれ落ちないで厚く溜まった古い角質をピーリング等をして取り去っていくケアが必要となり、古い細胞を取り除く事でその下にある新しい細胞が表面に現れやすくなります。

 

お肌のくすみを取るピーリング

 

 

お肌表面の古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを回復させて新しいお肌に生まれ変わったら、次は美白コスメを使って徹底的に美白してゆきます。

 

美白コスメでホワイトニング

 

 

i26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket