美肌になる石鹸は自分で作れる

皆さんは石鹸を使ってますか?

 

私は現在、滅多にボディソープや洗顔料等は使わず、いつも石鹸を使用しています。

それもなるべくシンプルなやつを。

 

石鹸にも保湿作用や角質除去の効能を持つもの、ニキビ肌用から敏感肌用等いろいろな種類の石鹸が販売されていて、中にはびっくりする位高価なモノもあったりしますが、私の懐事情では使えば泡となって消えてしまう石鹸にそんなにお金はかけられません。

一度は使ってはみたいですけどね。

 

 

余計な成分の入っていない石鹸を選ぶ

 

石鹸に限った事ではありませんが、もともと肌の弱い私は自分の身体に使用するもの、取り入れるものはなるべく余計な成分の入っていないものを選ぶようにしています。

余計な成分とはお肌や身体に良くない成分の事で、特にケミカルな原料を使用した香料着色料洗浄成分防腐剤等がありますが、安価に販売されている石鹸やボディソープにはこうした成分が多く含まれており、肌の弱い私が使用すると合わなかったり、ヒリヒリしたりする事もあるからです。

 

また、強い洗浄力を持つ合成界面活性剤が使用された洗顔フォーム等は、必要以上にお肌の皮脂を落としてしまうために洗い終わった後に突っ張りや乾燥を感じる事もありますので使いません。

 

合成界面活性剤が使用されていないものはお肌にやさしく、敏感肌や乾燥肌の方には特にそういう石鹸の使用がおススメです。

 

 

自分に合うものは自分で造る

 

知り合いに許可を取って石鹸を作り販売している人がいますが、私もやり方を教えて貰い、今では自分で使う石鹸は自分で手作りしてます。

多少の手間隙はかかりますが、自分で材料から全てを選ぶ事が出来るので、余計なものを混ぜる事無くシンプルな石鹸が出来ます。

 

 

オイルや材料を選んで自分のお肌に合った石鹸を作るのも自由。石鹸を作るのはそれほど難しい事でも大変な事でもありません。余計なケミカル成分を入れなくて良い為、お肌にやさしい石鹸が出来上がります。

 

石鹸の大切な要素は、泡立ち、丁度良い洗浄力、洗った後の潤い感ですが、手作りの石鹸は泡立ちを良くする為に何かの化学成分が入っているようなメーカー品のようにモコモコと派手に泡立つような事はないです。

その為泡立ちを良くして使用する為には、泡立てネット等を使用するのがおススメ。

キメ細かい豊富な泡立ちの石鹸を使用すると、ゴシゴシと洗ってお肌を傷つける心配も無くなります。

 

最初は上手く出来ないかもしれませんが、何回かやればキレイに石鹸を作れるようになれます、きっと。

美肌になるには、お肌に悪いものを避ける事と、お肌に良いものを取り入れるようにしましょう。

 

お肌に優しいシカカイを使う

 

 

i26

 

 

 

Pocket