美白にならないのはナゼ

なかなか美白できない理由

 

美白成分の入った高価なコスメを使用してもなかなかお肌が白くならない、日焼けで黒くなった肌が元に戻らない、シミがなかなか消えない、といった事がある場合はその使い方や美白の仕組みを少し意識してみましょう。

 

お肌を白くするためには、美白成分が効率よくお肌に浸透するようにしなければなりません。

 

美白コスメを使用してもなかなか肌が白くならないのは、お肌に上手く美白成分が浸透していない可能性がある事があります。

 

 

美白成分を上手く肌に取り入れるために

 

人間の肌は大体28日周期で表面の古い角質が垢となって剥がれ落ち、新しい肌の細胞と入れ替わります。

 

この新陳代謝をお肌のターンオーバーと呼んでいます。

 

 

普通にターンオーバーが行われれば時間とともに新しいお肌になり、日焼けした部分もだんだん元の色に戻るはずですが、日焼けを繰り返したり、加齢や乾燥によるお肌へのダメージ、生活リズムの乱れやストレス等、様々な原因でお肌のターンオーバーは乱れ、肌表面には古い角質がたまってきます。

 

この状態だと、美容液等を塗っても、その有効成分がたまっている古い角質にブロックされて、なかなか浸透しにくくなります。

 

そのため、まずはこの古い角質をピーリング等のケアで取り除かねばなりません。

 

お肌のくすみを取るピーリング

 

 

ピーリングの後に美白剤を使用する

 

ピーリングを上手く行えば、溜まった古い角質が取れてそれだけでお肌のくすみが無くなり、肌の色も明るくなります。そして美容液の有効成分や美白成分がお肌に浸透しやすくなるので、以前よりも美白効果が期待できるようになります。

 

なので、まずはピーリングで余計な角質除去、その後ホワイトニングコスメで肌のホワイトニング、という手順を踏むようにすれば効果も顕著に現れる筈。

 

ただ、中には顔だけは美白ケアを幾らやっても何故か一行に肌が白くならなくて困る、という人もいるかもしれません。

顔色に関してはその人の健康状態や血行等の影響も考えられるので、単純にホワイトニングケアだけでは解決できないような場合もあるからです。

 

顔がなかなか白くならない悩み

 

 

海外の美白コスメを使う

 

美白効果のあるコスメでも数ヶ月は使用を続けないと効果は現れず、一般に市販されている製品は安全性等の問題からお肌を真っ白に漂白するような効果までは望めません。

その場合、ネット等を利用してより美白効果の高い製品や、海外コスメ等を入手する事ができます。

 

 

医師の処方する美白剤や海外コスメは美白成分が高い濃度で配合されている場合が多く、高い美白効果が望める反面、お肌への刺激や負担、トラブルとなるケースもありえます。

 

トレチノインやハイドロキノン等の効果の強い製品を使用すると、お肌が赤くなったり皮がむけたりする副作用を伴う事があるため、こうしたものを利用する際は使用法や注意事項はきちんと知っておかねばなりません。

 

私自身、今迄美白効果のありそうなものは片っ端から試してきましたが、多少の肌トラブルに遭ってしまったという経験も少なからずありますので。

ただ、そういうのも肌が馴れてくれば別にどうという事はないので、今ではあまり気にしていないのですが。

 

とにかく、結果を急ぐあまりに最初から刺激や効果の強いものを使用するのは避けた方がよいでしょう。

 

美白コスメは長く使用できるような自分のお肌にあったものを選ぶ事も重要となってきます。

 

ハイドロキノンを安く購入する

 

 

i26

 

 

 

Pocket