椿油のスキンケア

椿油の美肌効果

 

ここでは椿油の美肌効果についてご紹介します。

 

椿の種から取れる椿油は、髪につけるオイルとしてよく知られていますが、お肌に使用してもとても良く馴染んで、少量でも十分に潤いを与えてくれます。

良質の天然100%の椿油はノンケミカルのためにお肌にとてもやさしく、使い続けるとしっとりきれいになっていきます。

 

食用の椿油は高級料理店等でも使用されますが、それなりにコスパがかかるので自宅ではやった事がありませんw

 

 

椿油は酸化しにくく、使いやすい

 

椿油は人の肌に近い成分で成り立っているため、お肌に使用するとしっかり浸透してよく馴染む上に酸化しにくく、乾きにくいため、保湿力が高く、長時間あなたの肌を乾燥から守ってくれるでしょう。

その為、暑い季節には少々重たい使用感がありますが、乾燥する季節にはとても役立ってくれてます。

 

美容効果の豊富なローズヒップオイル等は日光に当たると良くないので夜しか使用出来ませんが、椿油なら日中でも問題なく利用して大丈夫。

変質しにくい性質なので長い時間顔につけていてもが油が酸化して汚れる心配もないのです。

 

 

椿油は荒れたお肌にも有効

 

椿油は優れた保湿力を持ち、肌に刺激が無いマイルドな使用感に加えて強い抗菌、殺菌作用のあるオイルで、肌荒れ等に使用すると炎症や赤みも和らげてくれる効果もあります。

 

肌荒れや乾燥等でお肌の状態がよくない時は、無理に美容液や化粧水、乳液やクリーム等は使用せずに出来るだけシンプルなケアをして過ごします。

そうして何日か後にお肌の状態が回復してきたら、いつものコスメの使用やケアを再会するのがベター。

 

お肌を休ませて美肌になる

 

 

バリア機能が弱いと、お肌は外からの様々な影響を受けてトラブルを起こしますが、肌表面に椿油による皮脂膜が形成されると、それがバリアとなって乾燥やウイルスを防ぎ、肌の内側からの水分が蒸発するのを防いでくれます。

このように椿油はお肌の免疫機能も高めてくれるのです。

 

こうしてお肌の持つ免疫機能が高まってくると、自然と健康な状態になっていきます。

 

お肌の保湿とバリア機能

 

 

椿油を使用したスキンケア

 

・椿油でオイルマッサージ

5~6滴ほどの椿油でお顔全体を優しくマッサージ。しばらくおいた後、石鹸で洗い流します。毛穴の奥まで浸透した椿油が汚れを取り、炎症を抑え、ニキビ等の予防ケアにもなります。

 

日頃から、椿油の配合されたシャンプーやトリートメント等を利用なさっても良いでしょう。

 

 

 

 

玉締めしぼりの椿油

 

オイルの製法に玉締めしぼりというものがあります。

玉締め機というアナログな機械をつかって常温で時間をかけ、低圧力でゆっくりと植物の種からオイルを搾る方法です。

 

この製法は時間と手間がかかる上に大量生産が出来ないので、玉締めしぼりで搾られたオイルは高価になります。その為、現在ではこの製法を採り入れているメーカーは殆ど無く、なかなか一般に売られていません。

 

しかし、この玉締めしぼりで搾られたオイルは余計な加工をなされない為、ビタミンなどの栄養素を失なわず非常に上質な一番搾りの高級オイルとなります。

 

より安全で品質の高い椿油を探すなら、玉締めしぼりで搾られた椿油がおススメです。

 

 

 i26

 

 

Pocket