ピーリングケアとトレチノイン

定期的なピーリングケアを

 

私はニキビ等の肌トラブルが酷いような場合、クリニックで高濃度のピーリング剤を使用した治療を医師から受ける事があります。

 

医療用のピーリング剤は市販品に比べて遥かに効果が高く、刺激も強い為に個人で利用は出来ませんがその効果は大変高く、何回か施術を受けるとなかなか治ってくれない頑固なニキビ跡等もかなりキレイに目立たなくなり、肌もスッキリとキレイになる事が出来ます。

 

また、ピーリング後のお肌はザラツキやくすみも取れて透明感が増し、肌色が明るくなるといった嬉しい効果も感じられていい事づくめ。

 

ただ、こうした治療にはそれなりに費用がかかりますので私の場合はそうそう頻繁に受ける事は難しく、美容目的で定期的にピーリングケアに通うというよりも余程の肌トラブルの場合にのみ治療してもらいに行く、という感じです。

 

それでも自宅出何とかピーリングを試みようと、昔はピーリング石鹸ジェル等のアイテムも使用した経験があるのですが、もともと肌質が弱く乾燥肌なので稀にですが肌トラブルになる事もあり、自分にはあまり向かないと思い止めました。

 

 

トレチノインのピーリング効果

 

こうした理由から、私がピーリングの目的に特化した専用のアイテムを使用する事は殆どありませんが、美容の為にトレチノインを利用する事は良くあります。

 

トレチノインは肌のターンオーバーを高め、コラーゲンを増やして肌を若返らせる効果があり、加齢による小じわやたるみといった肌トラブルにもすぐれた効果が期待出来るので私も愛用しているのですが、その際に古い角質が剥がれ落ち、結果としてピーリングを行ったのと同じ事になるのです。

 

刺激や効果の弱いピーリング石鹸ですら使わない私にとってトレチノインのピーリング効果は相当に強く、特に慣れていない初めのうちは肌がボロボロと剥がれて大変な状態になり、それが理由で会社を休んだという事も一度や二度ではありませんでしたw

※このようにダウンタイムがあるものに関しては無計画に行ってしまうと、人に迷惑をかける事にもなりかねませんので注意しましょう。(私だけかも?)

 

しかし、ダウンタイムが終わった後の肌のツヤとハリはそんな苦労を忘れさせてくれる程なので、今は低濃度のトレチノインを慎重に使用するようにしています。

 

このように、私の場合はトレチノインで一緒にピーリングをやっているようなものなのですが、前述のようにトレチノインは多少扱いに注意を要しますので使用法についてはきちんと知っておく必要があります。

馴れていない人にとっては、市販されているピーリングアイテムの方が扱いやすく、そんなに酷い皮剥けなんかには全くなりませんので安全性は高いと言えるでしょう。

 

シワを無くすトレチノイン

 

 

 

i26

 

 

 

Pocket