敏感肌の悩みとケア

敏感肌に悩む日々

 

私は生まれつき敏感肌なので、ちょっとした事が原因で肌がトラブルを起こす場合もあり、その為日常の生活や肌ケアには気を使う方です。

 

体質改善等で身体や肌の抵抗力をつける事が出来ればいいのですが、なかなかそう上手くはいかず、しかしそんな自分の身体とも上手く付き合っていく為には色々な苦労があるのです(涙)

 

もともとズボラな性格の私が人並みにスキンケア等を行うようになったキッカケというのはそもそも美容が目的ではなく、こうしたトラブルを起こしやすい自分の肌に対する保護の為でした。

自分の健康状態は言うに及ばずストレスやメンタル的な部分、季節や気候、環境の変化や身体に取り入れる食物や水、サプリメント、使用するコスメや服の素材に至るまで肌に様々な影響を与えますから、自分の身体にとって最適と思われる事をするように少しづつなっていったのです。

 

 

肌のバリア機能が低下するとどうなる?

 

敏感肌は、肌の持つバリア機能が何らかの原因で弱くなった状態を指します。

バリア機能とは肌(表皮)に含まれる水分や油分(皮脂膜)が、外部からの異物の進入や刺激から身を守り、内部の潤いを逃がさないようにしてくれるもともと人間に備わった機能の事。

 

肌の持つバリア機能が弱まると、外からの刺激を受けやすくなり、異物の進入に対しても敏感に反応してしまい、肌荒れやかぶれ等のトラブルを起こしやすくなります。

また、バリア機能が弱まった肌にはコスメやアルコールが刺激となったり、バイ菌や埃、様々なアレルギー物質等が進入してくる事もあります。

 

 ☆お肌の保湿とバリア機能

 

 

敏感肌の原因て?

 

肌のバリア機能が低下する大きな原因の一つは乾燥で、肌が乾燥すると皮膚表面の皮脂膜や角質層の水分がどんどんと失われていくだけでなく、乾燥した肌はかさついて小ジワやかゆみ等の症状が現れてきます。

乾燥が肌にとって大敵といわれるのはこうした理由から。乾燥肌を放置しておいても自然に治る事はないので自分で積極的にケアをして潤うような状態にしてあげなければなりません。

 

勿論、肌が乾燥する原因となるのは単に気候や湿度だけの問題ではなく、ケアのやり方にも気を使う必要があります。

過度のピーリングや洗顔により必要な皮脂まで落としてしまうような間違ったスキンケアなんかはついやってしまいがちですが、バリア機能を弱めてしまう原因になりますから気をつけましょう。

 

 

お肌の潤いが減少する原因は加齢による場合もあり、残念ながらこればっかりは誰しも避けては通れない運命なのですが、それでも普段からしっかりとした保湿ケアを行う事が大切となります。

例え老いに勝つことは出来なくても、何も抵抗しなければスグに老化は進んでしまいますから。

 

 

 

バリア機能を正常に保つ

 

私はバリア機能を守るために石鹸やシャンプーは洗浄力の強い物は避け、マイルドなものを使用するようにしています。

 

それとなるべく余計な成分が入っていない出来るだけシンプルなモノがいいですね。

そもそもシャンプーとか石鹸というのは、肌や髪の毛の汚れを洗い落とす為のものなので、保湿成分だとか美容成分なんかが過度に入っている必要はあまりない、というのが私の考え。

 

敏感肌用のスキンケア製品オーガニックコスメの使用もおススメですが、そういうモノは概して値段が高いのがネックです。

 

お肌に優しいオーガニックコスメ

 

 

お肌の持つバリア機能を正常に戻すためには、肌表面を覆う皮脂膜、肌の細胞間に存在して水分の蒸発を防ぐ角質細胞間脂質(主にセラミド)、角質細胞に水分を保持させるNMF(天然保湿因子)を補ってあげる事が大切で、こうした成分が表示された製品を使用してケアを行うと良いでしょう。

 

敏感肌・あれ肌・ニキビ・アトピー対策に100%天然!

無添加サラヴィオ美容液

 

 

 

i26

 

 

 

Pocket