日焼け止めの正しい使用法

正しい日焼け止めの使い方を

 

日焼けは美肌の大敵で、日中の紫外線からお肌を守るためには日焼け止めの使用は欠かせませんが、正しい使用法をしないと効果的でないだけでなく、お肌に負担をかけることにもなります。

 

日焼け止めの選び方から使い方をもう一度見直してみましょう。

 

 

SPF,PAは状況に応じて選ぶ

 

日焼け止めやUVケア化粧品等には、PASPFという表示で紫外線に対しての効果を表示しています。

紫外線が強くなるにつれ、これらの数字や+の数が大きいものを使用していくことになりますが、不必要にPAやSPF値の高い日焼け止め剤は使用感も重く、お肌に負担をかけることになります。

日に焼けたくないあまり、いつもSPF50や60の日焼け止めを使用するのではなく、季節や環境によって使い分けるのが面倒でも大切な事です。

 

 

日常生活ではSPF20~30

 

夏でも短時間の外出ならこのぐらいの日焼け止めで対応できます。

日傘や帽子等も上手に利用して紫外線を防ぎましょう。

特に夏場、日焼け止めは毎日使うのですから、出来ればノンケミカルの肌に負担の少ない日焼け止めを選びたいものです。

 

 

戸外でのスポーツやリゾートで過ごす場合

 

夏場に長時間戸外で過ごす場合は、SPF50以上の日焼け止め剤を使用したほうが良いでしょう。

SPF50以上の日焼け止め剤は日本の店頭では手に入れにくいですが、ネットや海外では入手可能です。海外の南国へ行くときは現地のドラッグストアで日焼け止めを購入しても良いと思います。

 

→楽天市場でSPF60 サンスクリーンを探す

→楽天市場でSPF70 サンスクリーンを探す

→楽天市場でSPF90 サンスクリーンを探す

 

 

しかし、海などで使用する場合、SPFと同じくらい重要となるのが耐水性です。

 

 

ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶ

 

M 0067

 

特にプールや海等で泳ぐ場合、耐水性の無い日焼け止めだと汗や水に流れてしまうため、いくらSPFが高いものを使用してもお肌は日焼けてしまいます。

耐水性の日焼け止め剤は「ウォータープルーフ」や、「シリコン~」といった表記があるので、そうしたものを選んで購入しましょう。

 

また、ウォータープルーフでも出来れば2~3時間に一回は塗りなおしをすることで効果が保てます。

 

 

飲む日焼け止めを使用する

 

さらに、飲む事で日焼けを防止する錠剤を併用すれば、より紫外線に対する防護ができます。こうした飲む日焼け止めも積極的に利用して、海やレジャーでの日焼け対策を徹底しましょう。

飲むタイプの日焼け止めは、とても手軽に使用出来る便利な物です。飲むだけで身体全体に作用してくれる為、日焼け止めの塗り残しや、お肌が弱い方でもかぶれるといった心配がありません。

 

飲む日焼け止めの欠点は、一体どれくらいの紫外線防止効果があるのかイマイチハッキリしないという事。

一日何粒も飲んだ所でより日焼け防止効果が増すというわけでもなさそうですし、体格や体質による個人差も大きいのではないかと考えられます。

なので、塗るタイプと併用するのがベターなのかもしれません。私はそうして使ってます。

 

 

目や髪の毛にも紫外線対策を

 

目から入る紫外線によって肌が黒くなる事が証明されています。ですのでUVカットのサングラスやコンタクトレンズを着用するのも忘れてはなりません。

 

あと、忘れがちですが当然髪の毛にも紫外線は降り注ぎ、ダメージを与えますから、肌と同じく髪もUVケアを怠って紫外線を浴び続けるとどんどんボロボロになっていきます。

 

一時期、ダイビングやボディボード等のマリンスポーツにかなりハマッてた時期があったのですが、その時の私の肌や髪は紫外線と海水で尋常でないくらいボロボロに傷んでいました。

傷んだ髪はもう諦めて切るしかないので、そうならないように日傘や帽子で頭をガードするのが最善なのですが、水に入る場合はそうも行かないので紫外線カット効果のあるスプレーを使用しておくと良いと思います。

あとは頻繁にトリートメントでケアしてあげる事も大切でしょう。

 

 

とにかく歳を重ねるにつれて、一度日焼けしてしまうと、元の肌色にはなかなか戻りません。日焼け対策は美肌の基本となりますのでしっかりと行いましょう。

 

 

 ☆おススメの日焼け止め

 

 

 

i26

 

 

 

Pocket