日光に当たって健康になろう

肌の大敵は確かに紫外線ですが…

 

いつまでも白く美しい肌をキープしたいと願う人にとって、紫外線というのはまさに嫌われ者の代表と言えます。

何故なら、紫外線は細胞のメラニンを過度に増やしてシミを作り肌を黒くさせたり、コラーゲンを破壊してシワや老化肌の原因を作る元になるものだから。

髪の毛だって紫外線をモロに浴び続けると傷んでパサツキが酷くなってきますから、何らかの対策は必須。

 

紫外線に当たるとアレルギーを起こす人もいるくらいです。

 

もちろん紫外線は肌だけではなくあらゆるものに対して悪影響をおよほし、例えば家や車なんかも野晒しの部分は褪色して劣化していきますが、例外的に植物だけは日光を充分に浴びる事で光合成をして成長していきます。

 

 

日光に当たっていい事ってあるの?

 

私達は当然、植物ではないですからどうしても紫外線対策は必要です。

 

日焼けを嫌うあまり、アレルギー体質でもないのに日中は決して屋外に出ない様な生活をしている人も私の友人にはおりますが、たまには日光を浴びるのも人間にとって必要なのかもしれません。

例え室内であっても紫外線の害は避けられない為、朝からカーテンを閉め切ったまま開けなかったりしているケースもありますが、それだとやっぱり精神衛生上あまり良くないもの。

実際、日当たりの悪い暗い部屋で長く過ごしていると本当に体調もメンタルも悪くなるという話を不動産屋の人に聞いた事がありますから。

 

そんな紫外線ですが、身体に浴びる事で少しは良い事もあるようです。

 

 

たまには紫外線を浴びましょう

 

日に当たると健康的というイメージは今では大分なくなっていますが、昔はそうではなかったようです。

確かに今では紫外線は美容の大敵というだけでなく、皮膚ガン等の原因にもなりえるとして忌み嫌われていますが。

 

紫外線には殺菌作用があり、身体の免疫を高める効果があるらしく、適度に日に当たると風邪等引きにくくなるという話を聞いた事があります。

また、日光には体内のビタミンDを生成する作用もあるらしく、たまには健康の為に日に当たる必要があるというのも頷けますネ。

サプリメントで摂ればいいという意見もあるかもですが…。

 

サプリメントだけじゃ、力が出ない!!

 

 

日に当たるのは一日数十分でOKらしい

 

といっても別に裸になって全身日光に当たる必要は無いらしく、1日15分程身体のどこかに浴びればそれでOK。

・・・らしいので、知り合いはよく日焼けが目立たない掌を太陽にかざしてそれで充分と言ってます。

 

ホントにそれで充分なのかどうかは分かりませんが、私は日中でもよく外出したり屋外でスポーツもやったりするので特に日光不足を感じた事はありませんけれど、いつも日光を浴びていないような人は掌でいいので当たるようにしてみるといいですね。

 

 

 

i26

 

 

Pocket