紫外線のお肌への影響

 

光老化を防ぐ

 

紫外線対策が重要なのは美白を保つためと、紫外線によるお肌の老化を防ぐためです。

 

お肌の老化が進む原因は、加齢よりも紫外線の影響が大きいと言われ、光老化と呼ばれます。

一年中外気にさらされた顔とそうでない部位を比べると、顔にばかりシミやシワが多い事に気づきますが、反対に普段外部に晒す機会のないお尻等にはシミやシワも無く、歳をとっても肌はキレイです。

 

強力な紫外線の影響で南国の人の肌年齢は他の地域の人の肌に比べて高い、という調査結果があるようですが、私も南国育ちだったのでそれは実感出来ました。

 

 

アンチエイジングとしても紫外線対策は欠かせません。

 

 

活性酸素が老化の原因

 

紫外線を受けた細胞には活性酸素が発生し、それらは細胞を傷つけ、肌の奥のコラーゲンを破壊し、シワやたるみ、お肌の乾燥等の原因となります。

紫外線からお肌を守るには、日中の日焼け止めの使用に加えて体内の抗酸化力を高めることが必要で、それにより紫外線による活性酸素の働きを抑制することが出来ます。

 

紫外線に対してお肌の抵抗力がつき、シミやくすみができにくくなってきます。

 

普段から身体の抗酸化力を高めておくためにはビタミンA,C,Eが含まれた食べ物を積極的にとり、フラーレンビタミンC誘導体の入ったローション等で継続的にお肌をケアしておきましょう。

 

 

抗酸化ケアで日焼け予防

 

日に当たらないのが一番の対策ですが・・・

 

もしどうしても肌は焼きたくない、紫外線は浴びたくない、というなら生活や行動にも多少の制限や不便も生じてくる事になるでしょう。

美白を極める為にはそれなりの努力をする覚悟が必要で、適当な性格の私にそこまでの対策は到底出来ませんが、私の知り合いには何人かやってる人がいました。

 

決して紫外線には当たりたくないというその友人は、美白を保つ為、日に当たるのを極端に嫌い、そんな彼女の日焼け対策は相当徹底しています。

 

彼女の場合、基本的に日中はまず外に出る事はありません。

夜行性の彼女がどうしても外に出なければならない時には顔や全身を覆う完全防備が必要。

 

当然、日中に屋外でやるスポーツやレジャーなんかは一切やりませんし、ゴルフのプレイも夜の練習場とか室内のゴルフバーでのみ。

勿論、マリンスポーツなんかは全てご法度。そもそも紫外線のたっぷりと降り注ぐ海や山には行けませんし、仕事も日中の時間帯は避けて夜勤のみ。朝日が昇る前には帰宅します。

 

他人からは妬まれるほど白くキレイな肌をしている彼女。その裏では、とてつもない努力とストイックな生活があるのです。

 

 

 

i26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket