ビタミンC誘導体でもっと吸収させて

実はお肌に吸収されにくいビタミンC

 

ビタミンCは、美容と健康に欠かせない重要なビタミンですが、美肌効果を得る為にはお肌にしっかり浸透させないとなりません。

しかしビタミンCを直接塗って使用する場合、そのままでは不安定で刺激もあり、お肌に浸透しにくいという難点があります。

 

すると、レモンパックなんかは意外とビタミン吸収がされてないのかも?

 

果たしてその辺はどうなのか私には分かりませんが、ともかくそうした問題を解決する為、よりお肌に吸収されるように開発されたのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体はお肌に良く浸透してお肌の中でビタミンCになる為、刺激も少なく安定して効果を出す事が出来ます。ビタミンC誘導体には幾つかの種類があり、主に水溶性脂溶性新型の3つのタイプがあります。

これら3つのタイプの中にも更に幾つもの種類のビタミンC誘導体があり、それぞれに特徴や効果の違いがあります。

 

ビタミンC誘導体がコスメに配合されている場合、成分表示には単にビタミンC誘導体と記されているのではなく、リン酸アスコルビルMgやテトラヘキシルデカン酸アスコビル(VC-IP)といったそれぞれ固有の成分名で表記されています。1つ1つの名称は複雑で覚えにくいですが、それぞれ長所や短所、使用感の違いや特徴があり、覚えておくと自分のお肌や目的に合ったビタミンC誘導体が配合されたコスメをチョイス出来る様になります。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンC誘導体の特徴

  • 脂溶性の物と比べて使用感が軽く、毛穴トラブルやニキビ等があるお肌におススメ
  • 短期間でお肌に吸収され、即効性も高い
  • お肌の弱い方や敏感肌の方が高濃度のものを使用すると、刺激を感じたり乾燥することがある
  • 水に溶けるので化粧水やローション、美容液といった製品に配合されています

 

コスメ等に配合されている水溶性ビタミンC誘導体の種類には以下のようなものがあります。

  • リン酸アスコルビルMg(APM、アスコルビルリン酸Mg)
  • リン酸アスコルビルNa(APS、アスコルビルリン酸Na)

 

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

脂溶性ビタミンC誘導体の特徴

  • 脂溶性の為、使用感がしっとりしている
  • 水溶性に比べて高濃度でもお肌への刺激が少なく、安定性にも優れている
  • 吸収に時間がかかるので水溶性よりも即効性は低いが浸透力が高く、お肌の奥まで届く
  • 油に溶けるのでクリームやジェルタイプの化粧品に使用されています

 

コスメ等に配合されている脂溶性ビタミンC誘導体の種類には以下のようなものがあります。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル(VC-IP)

 

 

新型ビタミンC誘導体

 

新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)は高浸透型ビタミンC誘導体とも呼ばれ、水溶性と脂溶性ビタミンC誘導体の両方のメリットを持つように開発されたもの。

 

新型(高浸透型)ビタミンC誘導体の特徴

  • お肌への刺激が少ない
  • 浸透力が非常に高く、お肌の表皮でも真皮でも作用する
  • 安定性がやや低い為、酸化や劣化が早い

 

コスメ等に配合されている新型ビタミンC誘導体の種類には以下のようなものがあります。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
  • イソステアリルアスコルビルリン酸2Na

 

コスメについてはまさに日進月歩で各メーカーが凌ぎを削って開発していますから、これからもビタミンC誘導体の優れたものがどんどんと出てくる事でしょう。

 

 

濃度についてもチェックを忘れずに

 

濃度が高いビタミンC誘導体は、その分、刺激が強くなることもありますが、効果もよく現れます。

ビタミンC誘導体は一般的なコスメ等にも良く配合されており、濃度は1~2%程のものが多いようです。

海外のコスメやクリニック等で出してもらえるものは、5%や10%といった高濃度のものもあります。

ニキビの改善やハッキリとした美肌効果を実感出来るのは、ビタミンC誘導体濃度が3~5%以上といわれている為、一般的な市販のコスメでは少々物足りなさを感じる事もあるでしょう。

 

そして普通は濃度が高くなるにつれて値段も高くなっていくもの。

低濃度でもビタミンC誘導体をより効果的に使用するには、しっかりとお肌の奥まで浸透させる工夫が必要となります。

 

 

イオン導入でビタミンCをお肌に浸透させる

 

イオン導入とは専用の機械を使用してお肌に微弱の電流を流す事で、そのままでは浸透しにくい美容成分を効果的にお肌に届ける方法です。

この方法を使うとビタミンCがお肌の奥の細胞にまで届くようになる為、より高い美容効果を実感する事が出来る様になります。

 

※ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性がありますが、イオン導入可なのは水溶性のビタミンC誘導体になります。

 

イオン導入でお肌に美容成分を浸透させる

 

 

また、ビタミンC誘導体をシートマスクに染み込ませてパックする事でもお肌への浸透がかなり高まりますが、こんなふうに最大の効果を得られるよう、色々と工夫してみるのが大切だと思います。

 

シートマスクでお肌に水分を補給

 

美巣

 

 

i26

 

 

 

Pocket