美白になるためのケア

 

美白は予防が一番大切

 

白い肌を常にキープしたいと思うなら、まずは紫外線対策を徹底して、肌を日に焼かないようにするのが一番大切です。

 

美白ケアは病気等と同じく予防が何よりも重要で、お肌が黒くなってしまった後のケアよりも黒くならないように予防するケアを重視するようにしましょう。

 

M 0050

 

私は幼少期は沖縄でずっと過ごしたのですが、紫外線対策なんてものはほとんどしていませんでした。

というか子供の頃は日焼けがどうとか、普通は全然気にもしません。水泳や陸上等、外で日光をガンガンに浴びるスポーツに打ち込んでいたので小さい頃の私の肌は当然のように真っ黒でした。

 

美白を意識するようになるのは、やはり男子達の視線が気になる年齢の思春期になってから。

周りの子達も大抵はその歳頃になるとやたらと日焼けに対して敏感になりだし、ちょっとした外出の時でも日焼け止めは欠かさないとか、色々と気を使うようになってきます。

 

日差しの強い南国で色が白いというのは一種のステータスのようなものだったので、皆競うようにして美白に力を注いでいたものでした。

 

 

日焼けしてしまったら、どうすればいいの?

 

しかし、不覚にも日焼けしてお肌が黒くなってしまったとしたら、一日も早く元の肌色に戻したいものです。

 

若いうちは細胞の新陳代謝も活発で、放っておいても肌は自然と元の色に戻りますが、年齢を重ねるとなかなか元には戻りにくくなり、くすみやシミなんかもバンバン発生してしまいます。

 

そしていつまでも肌にシミは残ったまま、何年経っても色は黒いまま、ということになるのです。これでは困りますね。

 

そうした肌を元の色白に戻す美白ケアは、個人で出来るものからエステ等でのホワイトニングや専門の医師による施術までいろいろありますが、自分でも出来る美白ケアの基本とやり方を、早い内に是非知っておきましょう。

 

 

日に焼けた後の美白ケアは大変

 

先程から言うように、

肌は日焼けすればスグに黒くなりますが、黒くなった肌を元に戻すのはとても大変なのです。

 

長い時間と労力とお金もかかりますし、自分では治せないシミやほくろ等は、専門の医師による治療が必要となるかもしれません。その場合保険が利かない場合が殆どなので治療費も高額です。

なので、美白ケアは日焼けした後のアフターケアよりも、日に焼かないようにする予防ケアがとても重要となってきます。

 

日焼けの予防からホワイトニングまで、これから順を追って詳しくご紹介いたしましょう。

 

  1. 抗酸化ケアで日焼け予防 (日焼けしないように予防するケア)
  2. 日焼け後72時間以内のケア (日焼けした直後に行うケア)
  3. 日焼け後72時間以後のケア(日焼けして黒くなったお肌を元に戻すためのケア)

 

 

 

i26

 

 

Pocket